[e@sy-buy] Copyright © Electric Mail-order Direct Corp All Rights Reserved. [http://www.ctsj.co.jp] Server powered by (株)シーティーエス

■低下した聴力を取り戻すのに、効果絶大です

    機種選定と、調整の適否で、効果は大きく異なります

何故なら、補聴器はご使用者の聴力特性に合わせた調整が必要で、調整しない補聴器はただの拡声器のようなものだからです。

不用意な購入をされ、お求めになった補聴器がよく聴こえないとか、雑音ばかりだとか、ピーピーとハウリングばかりで使いづらいとか、不満を持って、相談にお見えになられる方が少なくありません。何故お求めになられた所に調整し直してもらわないのですか・・と訊ねると、「いくら説明しても、最近は『馴れれば聞こえます』と相手にしてくれない」とか「その度に担当者が入れ替わり、話が通じない」と訴える方にも実に多くお目にかかります。通販購入で「調整って何ですか?}といわれる方は論外です。補聴器はすばらしい器具ですが、機種選定が不適当だったり、適正に調整されなければ、このような不満を抱えることになります。特に、機種選定を誤れば、調整でカバーできないことにもなりかねません。そうならないよう、先ずおみみショップにお出でください。補聴器は専門店でお求めになるようお薦めします。

専門店の補聴器・・
  1. 音を大きくするより、言葉の聞き取り改善を目指します
  2. 万能ではありませんが、お一人毎に最適化します
  3. 的確な調整技術は、通常1度で完了、度々の再調整は不要です
  • 特にお耳ショップは扱い製品を限定し、製品に精通しています
  • [YUBI]補聴の購入を失敗しないための予備知識 ・・・こちらをクリック
    [YUBI]高価な補聴器、失敗する前に ・・・こちらをクリック

    低下した聴力を補い取り戻すのが補聴器ですが・・

    • ただし、補聴器は万能ではありません。聴こえの能力を補って、諦めていた会話や電話も勿論、楽しめるようになりますが、若かった頃の聴こえが戻る魔法の杖ではありません。より効果的な補聴器は、適切な機種の選択と、ご使用者ごとの耳に フィットさせる確かな技術が必要です。そして、本当に体の一部のような自然な使い心地を感じるまでにはご自身が補聴器に馴染むトレーニングも必要です。
      機種選定は私どもの責任です。もちろん、調整技術も私たち補聴器の専門家が経験と技術でご奉仕する仕事です。トレーニングはご自分が補聴器に馴染んでいただくことで適います。よく言葉が聴こえてくるまでに何週間も何ヶ月もトレーニングが必要だと言う説明を見聞きしますが、少し違うと思います。満足な調整ができていない補聴器は、何ヶ月掛けても聴こえるようにはなりません。逆に正しく調整されれば、概ね言葉はその場で聴き取れ、後は違和感の低減と、より自然な聴こえが時間と共に増すのです。
      (▼ 補聴器と同種の製品に助聴器があります。基本的な違いは、薬事法による型式認定を受けていない製品は補聴器でなく、助聴器と呼ばれます)(集音器と言って宣伝しているものを良く見かけますが、間違えで集音器ではなく助長気です)。しかし、基本的な分類は別で、それ以上に、補聴器をご使用者ごとに大きく異なる聴力特性に合わせることなく販売されるこれらは、主に増幅のみの効果だけで音域管理されていないため、初期の軽度の聴力低下者を守備範囲とし、言葉の聞き取りを改善する補聴器店が誇る調整技術(=フィッティング能力)が利用できません。かなり初期の聴力低下対策としては有効ですが、フィッティングしないため補聴器とは一線を隔します。
      調整者の技量によっては調整しても言葉が分からない補聴器が沢山あるのに、周波数によって感度が凸凹になり、音の大きさに対する感度の直線性さえも失うことが多い難聴に、増幅のみで素晴らしく聴こえが改善されるはずが無いことをご理解ください。一時的に聴こえた感じがしても、やはり・・・になれば引出しに放り込んだままになるでしょう。補聴器の購入で一番の損は買い直しです。あふれる甘言満載の新聞広告のようには行きません。(▼補聴器は聴力測定とセットで行われる補聴器専門店の対面販売でお求め下さい。。)

    フィッティング

    • 私たち補聴器の専門家は各機種の特長を熟知した上でお客様に合う補聴器を選びますが、ご用意した補聴器には、更に様々な調整が必要で可能です。この調整は聴力測定結果に合わせて行う初期調整と、補聴器をご使用頂きながら、対面式でご使用感を問診形式で伺って行う調整の組合わせです。問診形式で行う調整をフィッティングといいます。その調整のため、補聴器は、耳の穴にすっぽり収まる程の大きさなのに、中にはマイクロフォン、スピーカ、増幅器は勿論、それ以外に、プロセッサ(コンピュータ)やメモリー、通信機、そして電池やスイッチ、コネクタなどが組み込まれ手います。調整作業は高度なソフトウェアを駆使してコンピュータを介して行います。
      ご使用者ごとにきめ細かなフィッティングが行なわれて初めて補聴器は聴きとれなくなってしまった音や声を聴こえるように処理します。優秀な補聴器の高度な聴こえの能力も、その補聴器の機種に精通した私たちのフィッティングなくしては発揮できません。

    トレーニング(1)

    • 聴こえが正常だった、以前のご自身の耳の機能は、気にもしてきませんでしたが極めてよく私たちの脳と連携して働き、何の不自由もなく色々な音も声も聴け、理解していました。その耳と脳との共同作業の仕方は赤ちゃんとして生まれたときからずっと、知らない間にトレーニングを重ねてきて備わったものです。
      ところで、新しい補聴器をつけると、その状況が一度に変わってしまいます。従って、よくフィッティングされた補聴器で最大限に聞き取れるようになった音や声でも、脳の聴覚中枢が最適に捉えて理解できるよう馴れていただく必要があります。補聴器をつけるようになると、当初は特に聞き取った言葉が何だったのかを理解するのにちょっと時間がかかるかもしれません。特に、聴こえなかったときは諦めていましたが、例えば「お箸」なのか「お菓子」なのかのような言葉の違いのとっさの区別・判断には、聴こえるようになったが故に苦労します。トレーニングによって、このスピードは段々に以前の状態に近づいてゆきます。

    トレーニング(2)

    • トレーニングで聴こえが正常に近づいても、人工の機械の一種である補聴器の能力は残念ながら人間の本来の能力と同じにはなりません。例えば、補聴器を着けるようになると、専門的な言葉では、ダイナミックレンジといいますが、耳が許容できる音の大小の幅が狭く(小さく)なります。特に、急に大きな音と小さな音が入れ替わるような場面では耳と脳が追いつける範囲を超え、急激な大きな音を聞かされると苦痛を感じることもあります。苦痛を感じないように補聴器を設定すると、今度は普通のときに聴こえ方が悪くなることがあります。このような時、高度な補聴器では幾つかの設定状態を選択できる機能が組み込まれていて、これを適宜切り替えることで、より良い聴こえを選択して利用可能です。このような機能にも馴れていただくことで、補聴器は更に強力で便利な体の一部になってゆくことでしょう。これも、大事なトレーニングの一つです。

    ページトップへ
    [BERNA YOKOHAMA] 補聴器を着けないときの聴こえの状態を外音を遮断したフィッティングルームで正確に測ります。このデータを元にフィッティングが始まります。


    アクセス: [詳しい地図でみる]
    • 横浜市戸塚区下倉田町 244-1
        第八山仁ビル 1階(東側)
    • お車で
        203号線 豊田立体入り口
        布川動物病院ならびすぐ前
        専用駐車場 3台
    • 電車で
      東海道線戸塚駅下車東口より
      バスまたはタクシー(1.7Km)
    • 江ノ電バス(戸塚駅東口発)で
        大船行・飯島団地循環
        下倉田(停)下車すぐ前
    営業時間 :